自然豊かな軽井沢高原教会で結婚式をしよう

笑顔の人々

余裕を持って手配する

テーブルセット

感謝の意を込めて

結婚式は2人にとってとても大切な記念のイベントですから、絶対に成功させたいものです。そのためには、式当日のだいぶ前から準備を行わなければなりません。 中には1年前から準備を始める方もいらっしゃるほどです。式場の手配や会場のスタッフとの打ち合わせなど様々な調整事項がありますが、結婚式のために準備が必要な項目のひとつとして、出席者の席札の手配があります。席札を手配するには段階的に準備しなければなりませんので、今回はその流れについて説明します。まず手始めに、結婚式に招待する人を決めます。ここである程度の人数を把握できますが、式の5ヶ月前までには決めておくとよいでしょう。式の3ヶ月前には、予め決めた招待者に対して招待状を発送します。約1ヶ月前までには返信してもらえるよう依頼するのがポイントです。招待状とともに、スピーチや受付などをお願いする依頼状も同封することになりますので、対象者には事前に連絡の上、調整しておくことを忘れないようにしてください。出欠の返信が揃ったら、いよいよ席次表と席札を作成する作業に移ります。席次表や席札には様々なデザインがありますから、自分たちの好みに合ったものを選んでしまって問題ありません。式当日の2週間前ほどに印刷をかけると、1週間前までには出来上がるはずです。仕上げとして、席札の裏面に各招待者に対するメッセージを添えるなどすると、2人の感謝の気持ちを表すよい演出になるのではないでしょうか。また最近は専門業者に頼んでオリジナル席札を注文することができます。業者のHPには過去の作成例がいくつか載せられているので、それを参考にして選ぶといいでしょう。